建材中のアスベスト分析 | 土壌汚染の分野の行政対応や住民対応のスペシャリストとも連携を図っており、経験豊富なメンバーと共に、行政対応、住民対応についても的確にご提案いたします。土壌汚染に関わるお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

測定対象試料採取量分析方法基準値成形材(スレート材等)1試料に対し1... : 土壌・環境・公害コンサルタント【環境管理研究所】

建材中のアスベスト分析

測定対象 試料採取量 分析方法 基準値
成形材(スレート材等) 1試料に対し
100㎠を3箇所
JIS A 1481 0.1%を超えないこと
定性定量:分散染色分析法
定性定量:X線回折分析法
吹き付け材、保温材等 1試料に対し
10㎤を3箇所
JIS A 1481 0.1%を超えないこと
定性定量:分散染色分析法
定性定量:X線回折分析法
snap5.jpg
標準物質X線解析チャート
snap1.jpg
X線回折装置

物質にX線を照射して観測される散乱X線の強度を測定することで物質の結晶構造を調べます。
広角回折装置を用いており、迅速な定性分析が可能です。又、分解能が0.0001°と高感度であり、正確な定量分析が可能となっております。
アスベスト6種類の高感度、高精度な分析はもちろん、天然鉱物中のアスベスト分析(バーミキュライト)にも対応しております。
アスベストの含有率は、基底標準吸収補正法により求めた標準試料の回折強度より算出した検量線により計算し、定量結果とします。

snap2.jpg
位相差・分散顕微鏡

位相差顕微鏡は光学顕微鏡では見ることができないアスベストを観察できる顕微鏡です。アスベストの形状を直に観察、計数できるが、アスベストの種類を同定するのは困難でした。
分散染色法は、アスベストの種類により異なる屈折率を利用して種類ごとに染色観察出来る為、アスベストの種類の同定や計数が可能となっております。

分析納期・料金
分析項目 納期※ 料金
アスベスト6種・定性分析 最短・2営業日で速報 通常 30,000円
アスベスト6種・定量分析 最短・3営業日で速報 通常 50,000円(定性料金含む)

※納期はご相談下さい。