分析・測定 > アスベストの測定・分析 | アスベストを含有する建築物を解体・改修する場合、大気汚染防止法、労働安全衛生法等に定められた大気中のアスベスト濃度測定が必要になります。スクリーニング調査、サンプリング、分析を一貫して行うことで低価格、短納期を実現しております。

アスベストを含有する建築物を解体・改修する場合、大気汚染防止法、労働安全衛生法等に定められた大気中のアスベスト濃度測定が必要になります。スクリーニング調査、サンプリング、分析を一貫して行うことで低価格、短納期を実現しております。 : 土壌・環境・公害コンサルタント【環境管理研究所】

アスベストの測定・分析

アスベスト(石綿)は1970年~1990年頃にかけてその優れた物理特性及び化学特性により建材として広く利用されてきました。
しかしながら、飛散したアスベストを吸引することにより、数十年後に肺がんや中皮腫を起こす可能性が認められ、大きな問題となっております。
建築物の解体・改修時には、使用されている建築材料にアスベストが含まれている(アスベスト含有製品である)かの確認を行わなければなりません。
また、アスベストを含有する建築物を解体・改修する場合、大気汚染防止法、労働安全衛生法等に定められた大気中のアスベスト濃度測定が必要になります。
当社ではスクリーニング調査、サンプリング、分析を一貫して行うことで低価格、短納期を実現しております。

アスベスト調査フロー

chart1.png