プール水水質検査 | 土壌汚染の分野の行政対応や住民対応のスペシャリストとも連携を図っており、経験豊富なメンバーと共に、行政対応、住民対応についても的確にご提案いたします。土壌汚染に関わるお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

遊泳プールや学校プールの衛生管理のために、それぞれプール水質検査項目とその検査... : 土壌・環境・公害コンサルタント【環境管理研究所】

プール水水質検査

遊泳プールや学校プールの衛生管理のために、それぞれプール水質検査項目とその検査頻度及び基準値が定められています。
当社ではレジオネラ属菌以外のセット項目は最短営業日3日、レジオネラ属菌は最短営業日10日で報告書を発行致します。


検査項目

遊泳プール検査項目
項目名 基準値 検査頻度
水素イオン濃度 5.8以上8.6以下であること 毎月1回以上
濁度 2度以下であること 毎月1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下であること 毎月1回以上
遊離残留塩素濃度 0.4mg/L以上であることまた、1.0mg/L以下であることが望ましい 毎日午前中1回以上
午後2回以上
(このうち1回は、遊泳者数のピーク時に測定することが望ましい)
(二酸化塩素濃度) 0.1mg/L以上0.4mg/L以下であること
(亜塩素酸濃度) 1.2mg/L以下であること
大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
一般細菌 200CFU/mL以下であること 毎月1回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下であることが望ましい 毎年1回以上
(通年営業、夏季営業のプールは6~9月、それ以外の時期に営業するプールは水温が高めの時期に行う)
レジオネラ属菌 検出されないこと 年1回以上
気泡浴槽採暖槽等の設備その他エアロゾルを発生させやすい施設または、水温が比較的高めの設備がある場合。
学校プール検査項目
項目名 基準値 検査頻度
遊離残留塩素 0.4mg/L以上であること、また、1.0mg/L以下であることが望ましい 使用日の積算が30日以内ごとに1回
pH値 5.8以上8.6以下であること
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 1mL中200コロニー以下であること
有機物等 過マンガン酸カリウム消費量として12mg/L 以下であること
濁度 2度以下であること
総トリハロメタン 0.2mg/L以下であることが望ましい 使用期間中の適切な時期に1回以上
循環ろ過装置の処理水 循環ろ過装置の出口における濁度は、0.5度以下であること、また、0.1度以下であることが望ましい 毎学年1回定期

関連法令