VOC測定 | 土壌汚染の分野の行政対応や住民対応のスペシャリストとも連携を図っており、経験豊富なメンバーと共に、行政対応、住民対応についても的確にご提案いたします。土壌汚染に関わるお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

平成18年4月1日に施行された改正大気汚染防止法では、VOC排出施設(別表参照... : 土壌・環境・公害コンサルタント【環境管理研究所】

VOC測定

平成18年4月1日に施行された改正大気汚染防止法では、VOC排出施設(別表参照)からの排出規制が開始されました。
平成18年4月1日現在で設置されている既設のVOC排出施設に係る排出基準の適用については、VOCの排出抑制の目標(VOC排出総量を平成12年度比で3割程度抑制する)が平成22年度とされていることに留意しつつ、平成21年度末(平成22年3月31日)までの猶予期間が設けられていましたが、平成22年度からは、既設のVOC排出施設にも排出基準が適用されます。
大気汚染防止法では、VOC排出施設から排出されるVOC濃度を年2回以上測定し、その結果を3年間記録することを義務づけています(法第17条の11他)。
また栃木県では「工場・事業場ばい煙・VOC・指定物質等自主管理要領」において、測定結果の報告を義務づけています。

当社では、大気汚染防止法で定められた測定方法(環境省告示第61号)によるVOC測定業務を行っております。納期・料金とも出来る限り対応致しますので、是非お問い合わせ下さい。

VOC排出施設
VOC排出施設 規模要件 排出基準
化学製品製造の用に供する乾燥施設 排風機の排風能力が3,000㎥/時以上のもの 600ppmC
塗装施設(吹付塗装に限る) 排風機の排風能力が100,000㎥/時以上のもの 自動車製造の用に供する 既設:700ppmC
新設:400ppmC
その他の塗装施設 700ppmC
塗装の用に供する乾燥施設
(吹付塗装及び電着塗装に係るものを除く)
排風機の排風能力が10,000㎥/時以上のもの 木材・木製品(家具を含む)の製造に供するもの 1,000ppmC
その他もの 600ppmC
印刷回路用銅張積層板、合成樹脂ラミネート容器包装、粘着テープ、粘着シートまたは剥離紙の製造における接着の用に供する乾燥施設 排風機の排風能力が5,000㎥/時以上のもの 1,400ppmC
接着の用に供する乾燥施設
(木材・木製品の製造に供する施設及び下欄に揚げる施設を除く)
排風機の排風能力が15,000㎥/時 以上 1,400ppmC
オフセット輪転印刷の用に供する乾燥施設 排風機の排風能力が7,000㎥/時以上のもの 400ppmC
グラビア印刷の用に供する乾燥施設 排風機の排風能力が27,000㎥/時 以上のもの 700ppmC
工業製品の用に供する乾燥施設 洗浄剤が空気に接する面の面積が5㎡以上のもの 400ppmC
ガソリン、原油、ナフサその他の温度37.8度において蒸気圧が20キロパスカルを超える揮発性有機化合物の貯蔵タンク
(密閉式及び浮屋根式(内部浮屋根式を含む。)のものを除く。)
1,000kL以上のもの(ただし、既設の貯蔵タンクは、容量が2,000kL以上のものについて排出基準を適用する。) 60,000ppmC

※送風機の送風能力」が規模の指標となっている施設で、送風機がない場合は、排風機の排風能力を規模の指標とする。
※「乾燥施設」には、「焼付施設」も含まれる。
※「乾燥施設」はVOCを蒸発させるためのもの、「洗浄施設」はVOCを洗浄剤としてもちいるものである。
※「ppmC」とは排出濃度を示す単位で、炭素換算の容量比百分率である。


関連法令