ダイオキシン類測定 | 土壌汚染の分野の行政対応や住民対応のスペシャリストとも連携を図っており、経験豊富なメンバーと共に、行政対応、住民対応についても的確にご提案いたします。土壌汚染に関わるお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

ダイオキシン類対策特別措置法では、ダイオキシン類が人の生命及び健康に重大な影響... : 土壌・環境・公害コンサルタント【環境管理研究所】

ダイオキシン類測定

snap12.jpg snap13.jpg

ダイオキシン類対策特別措置法では、ダイオキシン類が人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある物質であることから、ダイオキシン類による環境の汚染の防止及びその除去等をするため、ダイオキシン類に関する施設の基本とすべき基準を定めるとあります。
同法では大気基準適用施設として、ダイオキシン類の排出規制対象となる特定施設と基準値を定めています。

当社では同法の規定に基づき、専用機器を使用し、効率良くダイオキシン類測定を行っております。また、測定対象施設に応じて、足場の設置等の対応を致しますのでどんな施設でのご連絡下さい。納期・料金とも出来る限り対応致しますので、是非お問い合わせ下さい。

特定施設と排出基準
(単位:pg-TEQ/リットル)
種類・施設規模 新施設排出基準 既設施設排出基準
(H14.12.1~)
鉄鋼業焼結炉 0.1 1
製鋼用電気炉 0.5 5
亜鉛回収施設 1 10
アルミニウム合金製造施設 1 5
産業廃棄物焼却炉 4t/h以上(※) 0.1 5
2t/h以上4t/h未満(※) 1 5
2t/h未満 5 10

※平成9年12月2日以降に新たに設置した大気汚染防止法の指定物質排出施設に該当する施設については、平成13年1月15日以降は表の新設施設基準が適用となる。


関連法令